スポンサーリンク

ノートパソコンを壊してしまいました

主人がノートパソコンの上にうつ伏せになって寝ていました。
よく見るとなんとコーヒーカップが横になってコーヒーがキーボード上に濡れていたんです。
あっ、いけないと思い慌てて主人を起こしてタオルを持ってきました。
ホットカーペットの上にもコーヒーがこぼれていたんです。
あーあやっちゃったと思っていると、主人も飛び起きて何があったのか解ったらしく直ぐにティッシュペーパーでノートパソコンのキーボードの所を拭いて水分を取っていました。
私はホットカーペットの濡れているところを拭いていたんです。
15分程2人で拭いたり水気をとったりしていました。
とりあえずコーヒーはとれたのですが問題はこたつの机の上のパソコンです。
こたつ布団はしていませんでしたので被害は少なかったのですがパソコンは画面が真っ暗になってしまっていました。
電源は入っているのに何も見えなくなってどこかの配線がコーヒーの水気で駄目になっているらしく、動きません。
主人はさっそくもう1台のノートパソコンで安いパソコンを探し出しました。
家電量販店のサイトで31000円の某メーカーのパソコンを見つけ出して、早速買う事にしました。
そしてもうすぐに買ったのです。後で解ったのがその家電量販店のポイントが4000ポイント付くらしく最終的に約27000円で買う事が出来た計算になります。
2万円台なら良いかなと思います。それでも注意して欲しいですよね。
computer_nekorogaru_man


パソコンのトラブルも直しやすくなりましたね

私はパソコンを使い始めてもう15年ほどになるのですが、たまに友人からパソコンのトラブルについて相談を受けることがあります。
私は別にパソコンのプロではないので、検索して出てくる範囲でしか手伝ってあげられることはありませんが、今は昔に比べて初心者向けにパソコンの機能を解説したり、自動的に修復してくれる機能が増えたので、トラブルに対処しやすくなったなと思います。
先日も「どうしてもネットゲームに繋がらない」と言う相談を受けたので、モデムのファームウェアを更新したり、ポート開放の仕方をいちから確認したりして、なんとか解決することができました。
ポート開放も昔はセキュリティの面で危ないから…と本当にごく一部の人しかやらなかった記憶があるんですが、フリーウェア一つでできるようになっているんですね。
むしろ大抵のパソコンのトラブルは検索すれば初心者でも出来るようになった気がします。
それでも自分ではどうしても解決できないトラブルがあって、私はパソコンのパーツに関するトラブルは全く直すことができません。
というのは、昔、初めて自分で買ったパソコンにメモリの増設をしたところ、次の日に電源が入らなくなってしまったからです。
当時はまだ高校生だったのでそれ以上対処の仕方もわからず、泣く泣くそのパソコンとメモリは廃棄…。
以来パソコンのパーツ交換は大の苦手になってしまいました。
しかし、最近CPUのファンの調子が悪く、ゲームをしたりするとひどく大きな音を立てるようになってしまったんです。
友人は「パーツの交換なんてプラモデルくらい簡単なのに、どうして君はそれだけ出来ないんだろうね」と言うけれど、どうしても苦手なものは苦手。
ファンが高速で回るということは排熱量が多いということなので、夏場は部屋がちょっとしたサウナ状態になってしまいます。
そろそろなんとかしたいと思ってはじめてのパーツ交換なんてサイトを覗いてはいますが、本当に簡単にしか書いていなくてこれだけでいいの?と逆に怖くなります。
このまま暑いだけではなく、パソコンの寿命も縮めてしまうのでやらなくてはいけないとはわかっているのですが…。
しかしパーツの交換ができるようになれば、大体のパソコンのトラブルは自分で解決できるようになるので、次の夏を快適に過ごすためにもしばらくはパーツ交換の勉強をするのもアリかもしれませんね。


新スポットを見つけるのが好き

時々地元の人のブログを見ては、どこか近くに新スポットがないかを探しています。
ええ、こんな所ができたんだ、という驚きがあるので楽しいです。
特にレストランなど、ママ友とランチを食べに行けるような所が新しくできていたら嬉しいですね。
美味しいイタリアンのレストランを真っ先に見つけてみんなを誘っていくと、みんな「よくこんなお店見つけたね」と喜んでくれるんです。
情報通になったような気持ちになって鼻が高いですね。
それから、子供が遊べるようなスポットを見つけるのも楽しいですよね。
特に長期休みの前にそういった場所を見つけると、休みのうち三回くらいは連れて行きます。当然、無料スポットが一番嬉しいですが一日遊べるところであれば有料でもいいかな、と思います。
遊ぶ場所としては、大掛かりなものでなくても自然の中にあるものとか、工作教室とかそういったものでも十分に楽しむことができるので、とにかく家族みんなで楽しめるようなところができるといいですね。
家から車で一時間圏内であればなおいいのですが。
そんな風にして、遊ぶところをいろいろと探して歩くのもまた楽しいです。
だから、アンテナは常に張っていなくちゃな、と思っているところです。
パソコンやスマホでいろいろなブログやSNSの情報を瞬時に検索出来るのはとてもありがたいです。
computer_tablet


格安レンタルサーバーの性能

レンタルサーバーとは文字通り「レンタルできるサーバー」のことです。
他にもホスティングサーバーやホスティングサービスとも呼ばれています。
当然ですが自分でサーバーを保有しドメインを運用したり、サーバーの管理をすることも可能ですが、サーバーの運用や管理には専門的な知識やコストが掛かるのでレンタルサーバーからレンタルした方が経済的で安全です。
そもそもサーバーは私たちが普段使用しているパソコンと異なり、複数の端末からサーバーへのアクセスがあってもパフォーマンスの低下や故障が起きないように作られているのです。
その為、ハードウェアの構成も少し異なっていてコンピュータの頭脳とも呼べるCPUも一般的なパソコン向けのものではなく、サーバー向けの高性能なCPUが用意されていたり、メモリも長時間の駆動にも耐えられる高品質なサーバー用メモリが搭載されています。
そして、最も重要となるハードディスクに関してもサーバーは2台のハードディスクに同じ内容を記録するミラーリングというバックアップが常に行われていて、不意の故障によるデータの損失を未然に防いでいるのです。
これらのサーバー向けパーツは高価になるので必然的にサーバーの価格も高価になるのです。他にも大きく異なっている点はサーバー向けのOSが搭載されている点です。
パソコン向けOSはユーザーが1人で使用することを前提に設計がされていますが、サーバー向けOSは多人数が同時にアクセスしたりファイルを共有することに特化した設計がされています。
その中でもレンタルサーバーで使用されるサーバーはWebサーバーとも呼ばれ、会社や事業所のような小さなネットワークではなく、インターネットという巨大なネットワーク内でアクセスされるようになっています。
他にもメールサーバーという機能がレンタルサーバーには付与されていることが多く、独自ドメインを使用してWebサーバーでホームページを公開し、メールサーバーでメールが使用出来るようになっています。
またレンタルサーバーには共有サーバーと専用サーバーが存在し、共有サーバーとは1台のサーバーのハードディスクを複数のユーザーで分割して使用していますが、専用サーバーは1台のサーバーを1ユーザーで使用することが可能なのです。
通常はコストの問題もあるので共有サーバーで利用されることが多く、専用サーバーは企業が大規模なホームページを運営する場合などになります。
最近ではWordPressも使える格安なレンタルサーバーも多く出てきており、性能的にも満足できるものも多いですね。


抱っこすると背骨がポキポキ(>_<)

もうすぐ10歳になるトイプードルちゃん 最近抱っこすると背骨?がボキボキなるんです。

耳の先や顎に白髪もでてきたし大丈夫かなぁ~ 老化? なんて気にしつつ、ほったらかしかならずポキポキなるわけでもないし、ましてや痛がるわけでもないので...

まだふつ~にソファーにジャンプしたり、ベッドにあがったりおりたりできるんであんまり気にしてませんが、老化ならどうしてあげるのがいいのかな?

少し調べてみたところ、人間の関節がポキポキ鳴るのと同じような音なら特に病的なものでない場合もあるとのことでもたぶんうちのわんこは老化かな それからおデブも関係あるみたい。

まずはダイエットして、負担かからないようにしてあげなくちゃ。

次はやっぱりドッグフードやサプリを考えた方がいいのかな。

pet_dog_sleep

 

 


お気に入りのケーキ屋さん

近所に新しくできたケーキ屋さんがとてもおいしくて頻繁に通っています。

一軒家の一階を改装しているこじんまりとしたお店ですが、既に近所では評判です。

お店に行くといつも他にお客様がいらっしゃいます。

一般のケーキ屋さんで良くある、お砂糖たっぷり生クリームたっぷりといったお菓子ではなくて、砂糖は最小限で素材の甘みを引き出すようなとても自然な味です。

その他の原料にもこだわって作っているので安心して食べることができます。

もちろんカロリーも控えめなのでちょっとしたおやつに食べれます。

なかなか家ではこのしっとりしつつもふわっとしたスポンジは作ることができません。

子供たちや主人も好きなので月に2,3回は通っています。

おかげさまで店主と奥さんとは雑談をするくらいの仲になりました。

季節が変わり新作がショーケースに並ぶのをいつも楽しみにしています。


娘のお友達とのおやつにマカロン

今回はマカロン作り方のご紹介です。

この前小学生の娘が友達の家でマカロンをおやつで出してもらって食べたそうです。

家では食べさせたことがなかったので食べるのはもちろん初めてだったと思います。

最初はマカロンという名前も良くわからず「丸くて美味しいの食べたの」としか言わないのでさっぱり伝わりませんでした笑。

ママ友なのであとで聞くとマカロンだと知って納得。

そのマカロンは私もお気に入りのお店で買ったものですが、娘はそれから「マカロン作って~」と毎日のようにおねだりしてきます。

週末にお友達を呼んでこの前のお礼をすることにしました。

もちろん今回は私の手作りで。

マカロンはイタリアンメレンゲで作る方法とフレンチメレンゲで作る方法があります。

フレンチメレンゲよりもイタリアンメレンゲの方が失敗しづらく、均一の味を出すことが出来ます。
メレンゲの状態の調整は温度によっても湿気によっても違うので、私はイタリアンメレンゲをいつも作っています。

マカロンの作り方はこんな感じです。まずはメレンゲ作り。

イタリアンメレンゲの場合、フレンチメレンゲのように前日から卵白を凍らせたりする必要はありません。
普通に冷蔵庫に入っている卵を使ってメレンゲを作ります。
砂糖を加えながらツノは固めで。

この状態のメレンゲに沸騰させたシロップを少しずつ入れてかき混ぜます。

少しずつ入れればどんどんツヤがでて粘り気が出てきます。

最終的にシロップが冷めるまでかき混ぜますが、これは正直しんどいです。

でも冷めるまで頑張れば飴のような粘り気が出てきます。

メレンゲが冷めるまで粘り気を出すことに集中して出来るので失敗しづらいんです。
ここまでできればほとんど成功したのも同じ。

アーモンドパウダーなどの粉類にメレンゲをヘラで混ぜます。

この時にはもうメレンゲは飴状なので空気を気にする必要はありません。

ベイキングシートに絞って、オーブンで180℃15分程度焼けばマカロンの生地の完成です。
今回は気合いを入れてクリームはチョコガナッシュ。絞ってから1時間ほど冷蔵庫に入れて完成です。

・・ちょっと説明大雑把すぎますね笑。まぁマカロンはメレンゲが命なので。

娘とお友達のおやつに食べてもらって反応を見ると美味しそうに食べてました。

「手作りすごいね~」と言われて娘も喜んでいましたが、私はそれ以上に喜んでました。
作りすぎたのでお友達にも帰りに持たせてママにもおすそ分け。
やっぱり美味しいって食べてもらうと嬉しいですね。

sweets_macaroon


芸術家として生きていくこと

芸術家って、お金が絡んでくるとちょっとでも世間の評価を意識するものなのでしょうか。
もし今の流行りがあったとして、それに関するものがよく売れるのならそれを参考に作るのでしょうか。

作品って、自分が面白いとか楽しいと思うものを作る人がいて、それが評価されて世に出るものだと思っています。
例えば学生時代に作ったものがコンテストで優秀賞を取り、それから芸術家の道へ進むとか。

でも、いざそれで食べて行くとなるとなかなか難しいですよね。

だから世間のウケを狙ってしまうようになるのではないかと思いました。

そうしないと食べていけないのなら選択の余地はそれより他になくなってしまいます。
それが嫌なら芸術家を辞めるところまでいってしまいますよね。
きっと私だけでなく誰もが思っていることだと思いますが、自分が面白いと思うものが世間でも面白いと評価されて成功するのがもっとも理想的なものだと思います。

下手に守りに入ってしまうよりかは、もっと攻めて自分の作品らしい表現をしてほしいところです。
私はたぶん芸術家肌ではありませんが、趣味でやるならやっぱりのびのびと好きな時に好きなものを創作していくだろうと思います。芸術にお金を絡めてはいけませんね。


インターネットを通じたパソコンソフトの買取

インターネットを通じてパソコンソフトの買取が実践される例は、近年飛躍的に増加してきているのではないかとみられています。
このような買取は最も簡単に展開されると認識されていることから、全国規模で浸透しているのではないかと思います。
ゲームソフトやパソコンに利用されるソフトなど、様々な種類のソフトがインターネット上で買取られるようになってきつつあるとみられており、多くの人々からの関心が抱かれ始めています。

積極的にソフトを売却したいと考える人々にとっても、気軽に買取をしてもらえる手法のひとつとして捉えられるようになってきており、多方面で話題として取り上げられ始めているのではないでしょうか。

ソフトの買取に関する方法は複数存在していると推測されていますが、このようにしてネット上で買取の依頼をすることが最も高い割合を占める方法となりつつあります。
インターネットでこのような依頼を行うことで、実際の買取までの時間が圧倒的に短縮される確率が高まるとみられていることから、複数の地域で強い期待が抱かれているのではないかと考えられています。

また、一度に大量のソフトを買取ってもらうことも負担なく進められるとみられているため、歓迎される買取の手法になっているのではないかと推測されています。

今後もソフトの買取をインターネットを介して実施する店舗や業者などが、一層多く見受けられるようになるのではないかと予測されています。

これまでよりも多くの人々が、ソフトを売却しようと考えるようになることが予測されているため、インターネットを上手に活用しながらソフトを買取ってもらうことがしばしば実現されるとみられています。

また、買取の業者や店舗などが近郊にない場合にも、このようにしてインターネットを通じた買取の手法が活用されるのではないかと考えられています。
そのため、地域に関係なくこのようなソフトの売却方法が受け入れられるようになるのではないかと思います。


夏休みの火種

夏休みの宿題の定番“工作”。うちの息子は工作大好きなので「工作ガイド」的な本を片手に、夏休み前から何を作るか考えています。
ですが、この工作こそ母と子のバトルの火種。

というのも息子は工作が好きすぎて、明らかに自分一人でやるには無理なような難しいものをやりたがるのです。
工作って手間暇(ついでに材料費も)かけたもののほうがどうしても目を引くので、「これ作りたい!」ってなるんですよね。

そもそも「ご家庭にあるもので作る工作」と謳ったものが多いけど、これもまた嘘ではないけどほんとじゃない。
ガムテープやサランラップの芯だとか何個もすぐには用意できませんって。
ともあれ、今年はポップアップカードをアレンジした工作にチャレンジすることになった息子。
カッターを使うので低学年の息子一人では無理なのでやっぱり私が手伝うことに…。
でもね、私も工作が嫌いじゃないんです。

なので作っていくうちに乗ってきて「よっしゃー!かっこいいの作るぞー」と本気モードに。
なかなか満足のいく作品に仕上がりつつある段階で「あとは僕が一人でやる!」と言い出しました。
そして、そして、せっかくいい感じになっているものを、「そこにこの絵を書く!?」「これ貼っちゃうの?」といいたくなるようないわゆる“蛇足”状態にしでかしたんです。

やんわり「なくてもいいんじゃなじ」とアドバイスしてもガンとして聞きません。
あぁ~、もう、せっかくいい感じにできてたのにー!!!

それでも、本人が満足しているなら救われます。
結局「やっぱりなかった方が良かったな」と言い出す始末。
で、私も「だから言ったでしょー」とついブチ切れちゃうわけで。

いや、大人げないのは重々分かっていますけどね。毎年このパターンを繰り返す私たち親子。

親子で楽しく工作をできる方、コツを教えてくださーい。(汗)