2018年02月 一覧

スポンサーリンク

個人事業主ですがパソコンで色んな事が出来ます。

事務仕事は2つのパソコンで使い分けています。納品・請求書などの伝票はMacで処理しています。付属のソフトのPagesで簡単に作れます。Macは元々使っていたので、その直感性の使いやすさとフォルダーの管理が簡単なのが一番の理由です。事務処理以外にも、店のチラシを作ったりPOPなどにもPagesで作る事が出来ます。画像やイラストを貼り付けて分かりやすいPOPになるように心がけています。また手書き風の文字のデータをインストール出来るので硬くならない感じのデザインに仕上げています。POPの印刷が出来たらラミネーターのA3対応機器でラミネート加工しています。

これだと、プラスチック加工になるので丈夫です。POPは商品が分かりやすいように飾っています。Windowsも使ってはいるのですが、こう言う使い方に関しては不慣れな所もあるので、こちらでは確定申告に使っています。Windowsには確定申告のソフトも多く、Macにもあるのですがe-Taxにする時にこちらに変更しました。

e-Taxにするには、色々揃えないといけないものがありますが、かなり後が楽になります。両方で印刷出来るようにプリンターはエプソンのEP-806AWを使っています。
USB接続も可能ですがLANケーブルで繋ないでいます。LANケーブルをネットワークハブに差し込んで使うことでMacでもWindowsのパソコンでも印刷出来ます。Wi-Fiでも使えますが送信時間が掛かるので今はLANケーブルを利用しています。

プリンターで印刷する用紙には高白色コピー用紙を使用しています。カラー印刷の時に出来るだけ色映えがするので用紙を購入するときは、価格以外でも気になる所です。以前にオフホワイトの用紙を購入して印刷結果に満足出来なかったのが理由です。店内にコルクボードを立てて使っていますが、それに作ったチラシやポスターなどを貼っています。POPだけでは伝えきれない事もあるので、もっと詳しく説明したい時は便利です。カラーピンで止めているので、新しいポスターに変えるのも簡単です。


父が作ってくれた印鑑

実家は本屋をしていました。ある日、父が「合資会社にするから役員になれ」というのです。何のことかわからずにいると「印鑑を作ってやるから、実印登録をしてきてほしい」とのことでした。役員報酬は・・今おもいだしてみると、何もなかったです。

もう30年近く前に、父は本屋をやめました。父も母も、もう亡くなりましたが、形見のように父が作ってくれた印鑑が残っています。大事に大事にしています。両親の住んでいた家を処分するときに、この印鑑を使いました。「役員になれ」といった時の父を思い出しました。お父さん~今、実印が役に立ってますよ。
ふつうの主婦には、実印を使うチャンスはなかなかありません。今は大事なものがしまってあるところに、保管しています。シミジミみると、独特な書体ですね。素材は何だったのでしょうか?朱色をしています。まだ若かったので、実印って何か?もわからず、すっかりお任せで作ってもらった印鑑ですが、気に入ってます。
さてこの先、この印鑑を使うチャンスはあるのでしょうか?今さらお金を借りるわけでもなし、不動産の取引をするわけでもなし・・保管には、気を付けていないといけませんね。大事なものだ、ということはわかります。やたらと使うものではない、ということもわかります。でも、愛着のある印鑑なので・・ちょっとした書類に押してみたい誘惑にかられます。でも、やめておきます。
この印鑑を使う時は、両親の家を処分したときのように、人生の区切りになる大事な時だと思うのです。

https://www.hanko-works.com/