就職面接で焦った話

私は大学生の時に、就職の面接を受けました。

syukatsu_mensetsu_woman

田舎の会社なので、それほど就活には苦労しませんでした。

でも、1回だけ、面接で非常に焦った記憶があります。

それは、個人面接の時のことです。

面接は順調そのものでした。

ですが、そこでアクシデントが発生します。

両親が自営業をしていると言ったところ、面接官から、「家業は何ですか?」と聞かれたのです。

面接官にしてみたら、両親の仕事は何なのかを知りたかったのだと思うのですが、私は天然なところがあるので、ひらがなの、か行だと勘違いしてしまいました。

でも、まてよと。こんなところで、か行なんか聞いてくるわけないと思い直し、「か行ですか?」と問い直したところ、「そうです。両親の仕事のことです。」とアドバイスをくれました。

そうか、家業だったんだと、気づくことが出来、無事に回答し、事なきを得たという話です。

面接を受けると、いろんなことがありますね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加