新築、中古住宅のどちらが良いのか。(´・ω・`)

1105y

マイホームを購入し、近々引っ越しを控えています。
今の住まいは社宅で期限があり、ずっと住み続けることはできません。(-ω-;)

後3年は猶予がありますが、来年、娘が小学生になりますので、できればそれまでに決めてしまいたいと考えるようになったのがきかっけでした。

購入する際、一番迷ったポイント大阪の堺で新築、中古住宅のどちらにするかと言うことでした。
夢のマイホームですから、新築が良いのはもちろんですが、費用との兼ね合いがあります。

いくつかモデルハウスを見に行き良いと思う新築住宅もありましたが、考えている予算から少し足が出てしまうのです。
人生の多くの時間を過ごすことになるので少しでも快適な方が良くケチりたくはありませんが、あまり我慢ばかりの生活になるのもいただけません。ンー…(-ω-`;)ゞ 

そこで中古住宅も視野に入れて探すことにしました。
費用的には予算内で、生活レベルを変えることなく生活できそうなそこそこ理想にあった中古住宅もありましたが、新築を見た後だったので見劣りを感じてしまいました。

しかし、自由にリフォームできるということですし、リフォーム代を考慮しても新築よりも安く、広く、立地も良い物件で私はとても気に入りました。
しかし、夫は新築の方が良いと言います。
住宅にも寿命はあるが、中古と言うことはその寿命はより早くくる、つまりその分修繕費
もかかる。
また、中古住宅のリフォームだとどうしても制限がかかるが、新築だと自由に設計できると言うのが夫の言い分です。

確かにその通りですが、家計を預かる身としてはどうしてもその後の生活にかかるお金のことも気になります。
家を購入するのですから節約は必要ですが、たまには外食もしたいし旅行もしたいです。

話が平行線でしたので、新築、中古住宅のどちらが良いか不動産屋さんの話を聞いたり、ネットで比較サイトを読んだりして情報を集めました。
私たちが購入を検討している新築、中古住宅を扱っている不動産屋さんはそれぞれ別なので、
当たり前ですが取り扱っている物件の方が良いと言います。

ネットの比較サイトでもそれぞれメリット、デメリットが書かれており、結局どちらが良いかは私たちの環境、考え方次第です。
でも、色々調べている間に、夫も中古住宅の方へ考えを変えてくれ、双方納得して契約することができました。
色々言っていましたが、夫の判断基準は安全性>費用>間取りのようでした。

建物検査をしてもらい耐震性、構造の安全性、給排水管の劣化具合などなど特に問題ないようだということが決め手となりました。もちろん、これは我が家の場合です。
家の間取り、仕様に拘りたい場合は新築の方が優れていると思いますし、若干の未練もあります。

でも一番大事なのは夫婦お互いが納得することです。
その点、我が家は色々調べて意見をすり合わせることができ、本当に夢のマイホームを手に入れることができました。

本当に買って良かったです ヽ(*´v`*)ノ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加