着物のレンタルを東京でしてみようかと

少し久しぶりのブログになります。

時は春

行楽には絶好の季節です。

先日はしばらくぶりに実家の母と会うために、東京駅で待ち合わせをしました。

その後ちょうど桜の季節ということで、せっかくだからとお花見に行くことに。

どこがいいかと迷っていると、母曰く高速バスで移動の最中に通ってきた浅草近辺が綺麗だったよとのこと。そちらへ行ってみようとなりました。

この日は運の良いことにとっても良いお天気。

平日だというのにけっこうな人出です。そういえば春休みの時期ですもんね。

隅田川沿いの桜が実に美しい!

橋の上から東京スカイツリーをバックにスマホで記念撮影、パチリ。

今年は咲き始まったと思ったら暖かい日が続いているせいもあってあっという間に満開のようですネ。

あちこちで同じようにカメラやスマホを片手に桜を撮影している人の姿が目立ちました。

お茶する場所を探しつつ散策していると、母の視線が桜以外のところに。

どうやら若い女の子同士で綺麗な着物姿で歩いている子達を見かけます。

浅草のこのレトロな街並みに合って良い雰囲気♪

外国から観光に来た人には、まさにクールジャパンって感じかも。

母は着物が大好きで、わざわざ着付けの先生に習いに通ったほど。

そういえば今年の自治会の新年会にはお気に入りの着物を自分で着付けして出たのよ~、と話してましたっけ。

本当はこういう外出時に着物が着たいんだけど、バスでの長時間移動があると行きは良くても帰りが疲れるからねえと言います。

たしかに。

でも、もっと気軽に着物を楽しめたらいいですよね~。

帰ってきてから気になって調べてみると、どうやら東京では着物のレンタル屋さんがあるようなんです。

どうりで女の子達が着て歩いて、記念撮影しているわけですね。

それなら着物での電車の長時間移動で疲労することもないし、着崩れを心配する必要もなさそう。

それに浅草で着物レンタルする場合、駅や浅草寺周辺に何軒かが点在しているようで、しかも着付けサービスやヘアセットまでお願いができるみたい。

まず気になるのは3つ。

お値段と着付けにかかる時間。それと、小物などが全部借りられるか、それは別料金か。

着物のレンタル料金はお店によって違いますが、どうやら3500円~5000円前後くらい

正直なところ、思っていたよりずっと安いです。

カップルや友達同士など2人以上同時にレンタルとかだとさらにお安くなって、1人2500円になったりするところもあるようですね。

ただ、新作の着物だったり素材にこだわったりするともう少しお値段が上がるようです。

また、履物や長襦袢、小物一式はすべてレンタル店で用意してくれているとのこと。

バッグもセットで貸してくれるんですね。これは便利です。

どうしても洋服と着物とでは、バッグの相性がものすごく違いますからねえ。

ただ、肌襦袢、それと足袋!これは自前で用意する必要があるようです。(買うことは出来る)

足袋を持っている人は荷物にならないので持って行ったほうが良さそうですね。

それと、浅草はなんといっても隅田川花火大会で有名ですが、浴衣も浅草で着物レンタル屋さんでレンタル可能なんですね。

面白いなと思ったのは、飾り帯や飾り衿なども用意されていること。

こちらはオプションになり500円ほどの追加料金がかかりますが、とっても可愛いんです。

着付けにかかる時間については。

だいたい1時間強ってところみたいですね。

そもそも着物そのものを着付けている時間より、着物を選んでいる時間のほうが長かったりするみたいで。

それはわかります♪

最後にひとつふと思った疑問。

調べてみた限り、若い年代層の着物や浴衣などは素敵なのが取り揃えてあるんですが、母くらいの年代層に合うお着物って…あるのかしら

このあたりはさすがによくわかりません。

たぶん用意されてるだろうとは思うけれど、お値段の部分で高級だったりする可能性も有ります。

花火大会までに浅草でレンタルするお店を有る程度絞っておいて、事前に直接聞いてみようと思います。

楽しみだな~

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加