逆流性食道炎と椎間板ヘルニアの治療方法について

逆流性食道炎と椎間板ヘルニアで悩んでいます。
筋力が少ないことと、背骨のS字カーブがないことで、もともと腰痛になりやすい体質でした。そこから椎間板ヘルニアを発症してしまい、現在は整形外科で週に何回か施術をしてもらっています。
手術するほども重傷ではないので、痛みが出た場合は薬を飲むなどして症状を緩和させるようにしています。
あとは筋力をつけることで症状が出にくくなるという話を聞いていたのでジムに通ってトレーナーさんから筋トレを指導してもらっています。
自宅でもできるトレーニングも聞いているので、ジムに通うのは週末にして平日で2日くらい自宅で筋トレを実施するようにしています。
逆流性食道炎は、刺激物の多いものを摂取しすぎている人や、ストレスがたまりがちな人に多いと聞いていますが、刺激物はあまり好んで食べることはないので、おそらく日常のストレスが影響しているのではないかと思います。
あと、お酒をよく飲む人もなりやすいそうです。
こちらも薬を飲んで、胃酸の逆流を防ぐようなかたちで対処しています。
これらの症状を緩和させるのに、鍼治療が有効と聞いて、鍼の治療にも通うことにしました。
鍼治療を始めてから、よく睡眠を取れるようになったことと、体が疲れにくくなり、慢性疲労のような症状が楽になりました。
鍼治療は、整骨院でも受けることができますし、整形外科でも行っているところがあるようです。
それから漢方医学専門のクリニックなどでも、漢方薬と併用して鍼治療をしているようです。
漢方薬も逆流性食道炎や椎間板ヘルニアの症状の緩和に大変有効なものがあるそうで、その人の体質に合わせて処方してもらい、うまく適合すればかなり症状が改善すると聞きました。
専門的な知識をもっているクリニックで診察してもらうことをおすすめします。
逆流性食道炎と椎間板ヘルニアでお悩みの人は、鍼治療や漢方治療へ行かれてみるのも良いのではないかと思います。

thOTJJVT28

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加