睡眠時間のとりかた

睡眠はよりだと思います。

短時間でもぐっすり眠れると、翌朝は(*^_^*)すっきり目覚められます。

逆に、長い時間眠っていても、寝つきが悪かったり、夜中にちょこちょこ目覚めて、トイレに行ったり、寝返りを何度も打ったり・・・
としてしまうと、翌朝、眠たくて頭が(+o+)ぼーっとしてしまいます。

また、すごく眠いからと、たくさん寝ても、逆に眠たくなってしまうこともあります。

私は最近、ずっと睡眠不足でした。1日7時間は眠りたいのに、いろいろと仕事や家事をしているうちに、夜中になってしまい、5時間くらいしか睡眠時間がとれないということが続いていたんです。

不思議とすっきりはしていたけれど、「次の休みの前日はぐっすり眠って寝坊しよう」と決めていました。
起きなきゃとせかされずに、眠れるだけ眠りたいと思ったからです。

そこで、休みの前日、いつもより早めに寝て、翌朝はかなり寝坊してみました。

もう寝れないってほどに。

これですっきりできるはずと思っていたのに、なぜか逆に眠くて頭が(+o+)ぼーっとしてしまいました。

そうなって初めて、やはり睡眠はよりなんだなと気づきました。

短時間でも、5時間くらいしか寝ていなかったときのほうが明らかに(*^_^*)すっきりしていたからです。

一番いいのは、寝る時間と起きる時間を決めて、毎日規則正しく生活していくのがいいのでしょうが。

寝る数時間前には食べることをやめ、ホットミルクなどを飲み、スマホやパソコンの画面の強い光を浴びずに、ゆったりと過ごして睡眠に入ることができたらいいな、とは思っているのですが、なかなか((+_+))思うようにいかないものです……

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加