プラスチックよりも木製の方が良い主な理由!

27g

倉庫などでは、物を保管する為にしばしばパレットが用いられます。
例えば大量の段ボールを考えてみましょう。
その段ボールを一つ一つ手で運搬するとなると、膨大な時間がかかってしまいますね。
数が多ければ、それだけ多くの時間を要するのですが。

ところがパレットに乗せておくと、その運搬があっという間に終わってしまいます。
フォークリフトの爪をパレットの隙間に潜り込ませることで、簡単に移動ができるからです。倉庫内でパレットが用いられているのは、それが理由ですね。

ところでパレットにも色々な種類があります。木製やプラスチックなどと、非常に様々な種類があるのですが。
では木製パレットは、プラスチック製のものに比べるとどのようなメリットがあるのでしょうか

まず価格です
基本的に木製パレットは、プラスチックのものに比べると価格がリーズナブルなケースが多いです。
このためコストを抑えたい企業にとっては、木製の方がメリットが大きいでしょう。
他にもメリットがあります。
修理が簡単にできる点ですね。
パレットも、たまに破損してしまう事があります。
重いものを乗せてしまうと、パレットが割れてしまう事もたまにあるのですが。
木製の場合、修理を簡単に行うことができます。

しかしプラスチックの場合は、それほど簡単ではありません。
むしろ修理が非常に困難なケースが多いので、どちらかというと使い捨てタイプになるでしょう。
しかもコストもかかりますので、一旦破損してしまうとちょっと企業にとっては大きな痛手になるかもしれません。  ー_ー’困った

他にも木製にはメリットがあって、処分費用がリーズナブルなケースも多いそうです。
そもそも物には耐用年数というものがありますね。いつかは限界を
迎える事になりますが、その際にはパレットを処分する事になるでしょう。
木製パレットは処分を比較的安価に行うことができますが、プラスチックの場合は高めになるのだそうです。
すなわち「必要コスト」と「補修が可能」という点で、木製のパレットはプラスチックのものよりもメリットが大きいと言えるでしょう。

企業にとっても今はエコロジーは切り離せないものになっていますね。
木製パレットは再生することが簡単ですよね!!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加