ものづくり大国日本を支えるはNC旋盤やプレス機の操作技術

日本のものづくりを文字通り下支えしてくれている存在が、町工場と呼ばれる中小工業です。
ものづくりに必要なのは大規模な組織でも巨大な資本でもありません。
最も重要なのはアイデアを形にするための確かな技術力であり、技術力が無ければ正確な加工を行うことができず製品のクオリティは著しく低いものになってしまいます。
日本の町工場の技術力は非常に高く、注文した通りのサイズ・形状で確実に納品が行われます。
注文通りに納品されるなんてあたりまえじゃないかと思われるかもしれませんが、その当たり前に思えることが海外では通用しません。
数はそろっていても不良品ばかりだったり、約束の期限なのにまったく数がそろっていなかったりといったトラブルは、一度でも海外工場と取引をしたことがある方ならば誰でも経験しているトラブルです。
日本の高い加工技術を支えているのは従業員の職業意識や職業倫理、責任感といったものも大きな理由ですが、最も重要なのはNC旋盤やプレス機といった中古機械や工作機械を使用して部品や製品を加工する加工技術の高さです。
基本となる技術が高いからこそ短い期日で確実に製品を作り上げることができるのです、不良品の数も少なく精度の高い仕事が可能となっています。
NC旋盤やプレス機等の工作機械を扱う技術は、一朝一夕に身につくものではありません。
どんなに高性能の機械であっても、工作機械の場合は数字を入力してボタンを押すだけで部品が完成して終了終了、というわけにはいきません。
機械ごとに微妙に異なるクセを知らなければ精度の高い加工は不可能ですし、機械の使い方や運用方法などのノウハウは現場での試行錯誤を積み重ねていかないと獲得することはできません。
NC旋盤やプレス機はとてもシンプルな工作機械です。
だからこそそれを扱う職人やオペレーターの腕が重要であり、機械の性能以外のカンや経験が求められます。
同じNC旋盤やプレス機を使用して仕事を行っても、新人とベテランでは仕事の精度は全く異なります。
ものづくり大国日本を支えているのは、現場のプロの経験と努力に他ならないのです。

KV3CA69QO97CA12O9I6CAIASFODCA265RC1CAFUZHJ2CAVP581ECABT2MVGCAPN4IVKCAZSBQF1CAJ70ND7CAYHFQRKCAAJGKNRCAEYE9JECAWDPLSECAD1263ACA9HGBJBCA73IXWSCAUJKGP0CAFRQ1TN

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加