ライフスタイル 一覧

スポンサーリンク

マキタの電動工具を買いました。

最近はDIYという言葉が流行ってきて、日曜大工好きの僕にとっては嬉しい限りです。
家の中でいろんな修理をするのに工具を買うんですが、特に嫁が困っている部分を修理したいときには、リッチな電動工具を買う予算もすんなり通ります笑。
例えば組み立て家具がどうしても欲しくて組み立ててほしいとお願いをされたときには、電動ドライバーを買ってもらいました。
あと庭の犬小屋が壊れてわんこが危ないという時には電動のこぎりを買ってもらったり。
そういう付加価値があるとやっぱり頑張れますよね。
今回もそういう工具に頼らないといけない悩み事が出てきました。

庭は去年、全面芝生に変えました。
子供が3歳になって、庭で元気に走り回れる年になったので、土よりも芝の方が良いと思ったからです。
僕が長年、芝付きの庭がある家で過ごしたいと思っていたのも強かったんですけどね。
去年芝を敷き詰めて、この春頃まではすごくフカフカで子供も安全に遊べる良い芝でした。
ところが梅雨を過ぎて夏に変わってきた頃に芝がいまいち根付いていないことに気づきました。
一応月に1回くらいは芝刈りをやっていたんですが、芝の刈り方にムラがあって芝の力が弱くなっているんじゃないかと思いました。

芝刈りは今までホームセンターで買った3000円程度の安い手動の芝刈り機を使っていました。
でもいまいち「刈った感」が無いので加減がつけづらいんですね。
子供が走って、ズルっと芝がめくれるようになってしまったので、さすがに嫁も「なんとかしないとね」と芝刈り機の予算が出てきました笑。

ホームセンターのマキタの電動工具売り場にある電動芝刈り機を見ていると、軽量で綺麗に均一に刈ることが出来る機能が付いている便利な芝刈り機があります。
店員さんも「丁寧に芝刈りをすると芝にも良いですし、電動はおすすめですよ」と言われました。
値段も1万円以内で買えるし、最初から買っても良かったかもしれません。
マキタの電動工具はかなり人気が高いようでした。

家で使ってみると、手動のものとは全然使い心地が違いました。
手動の時には単に短くしていただけという感じですが、電動のものだと芝が発育しやすいように刈ってくれている感じがします。
(個人の所感です笑)

これで芝もまた元通りに育ってくれると思います。


芸術家として生きていくこと

芸術家って、お金が絡んでくるとちょっとでも世間の評価を意識するものなのでしょうか。
もし今の流行りがあったとして、それに関するものがよく売れるのならそれを参考に作るのでしょうか。

作品って、自分が面白いとか楽しいと思うものを作る人がいて、それが評価されて世に出るものだと思っています。
例えば学生時代に作ったものがコンテストで優秀賞を取り、それから芸術家の道へ進むとか。

でも、いざそれで食べて行くとなるとなかなか難しいですよね。

だから世間のウケを狙ってしまうようになるのではないかと思いました。

そうしないと食べていけないのなら選択の余地はそれより他になくなってしまいます。
それが嫌なら芸術家を辞めるところまでいってしまいますよね。
きっと私だけでなく誰もが思っていることだと思いますが、自分が面白いと思うものが世間でも面白いと評価されて成功するのがもっとも理想的なものだと思います。

下手に守りに入ってしまうよりかは、もっと攻めて自分の作品らしい表現をしてほしいところです。
私はたぶん芸術家肌ではありませんが、趣味でやるならやっぱりのびのびと好きな時に好きなものを創作していくだろうと思います。芸術にお金を絡めてはいけませんね。


夏休みの火種

夏休みの宿題の定番“工作”。うちの息子は工作大好きなので「工作ガイド」的な本を片手に、夏休み前から何を作るか考えています。
ですが、この工作こそ母と子のバトルの火種。

というのも息子は工作が好きすぎて、明らかに自分一人でやるには無理なような難しいものをやりたがるのです。
工作って手間暇(ついでに材料費も)かけたもののほうがどうしても目を引くので、「これ作りたい!」ってなるんですよね。

そもそも「ご家庭にあるもので作る工作」と謳ったものが多いけど、これもまた嘘ではないけどほんとじゃない。
ガムテープやサランラップの芯だとか何個もすぐには用意できませんって。
ともあれ、今年はポップアップカードをアレンジした工作にチャレンジすることになった息子。
カッターを使うので低学年の息子一人では無理なのでやっぱり私が手伝うことに…。
でもね、私も工作が嫌いじゃないんです。

なので作っていくうちに乗ってきて「よっしゃー!かっこいいの作るぞー」と本気モードに。
なかなか満足のいく作品に仕上がりつつある段階で「あとは僕が一人でやる!」と言い出しました。
そして、そして、せっかくいい感じになっているものを、「そこにこの絵を書く!?」「これ貼っちゃうの?」といいたくなるようないわゆる“蛇足”状態にしでかしたんです。

やんわり「なくてもいいんじゃなじ」とアドバイスしてもガンとして聞きません。
あぁ~、もう、せっかくいい感じにできてたのにー!!!

それでも、本人が満足しているなら救われます。
結局「やっぱりなかった方が良かったな」と言い出す始末。
で、私も「だから言ったでしょー」とついブチ切れちゃうわけで。

いや、大人げないのは重々分かっていますけどね。毎年このパターンを繰り返す私たち親子。

親子で楽しく工作をできる方、コツを教えてくださーい。(汗)


習い事

子ども達も大きくなって手が掛からなくなったから何か習い事をしたいなと考えています。

どういうものがいいのか色々調べてみたけど、何がいいんだろうか…書道とかお料理教室とかだと日常的に役に立つものだからしてみたいなとは思っています。

でもパソコン関係や簿記とか医療事務とか、今後何かあった時の為に資格を取るのもいいかなと悩んでいます。

仕事をしながらだとなかなか時間も取れないし、あくまで趣味程度に華道とかでもオシャレですよね。

健康を維持する為にバレーやテニスとかも捨てがたいです。

実用的なものから趣味的なものまで幅広くあるから何をしようかと色々考えてしまいますね。

まぁ、問題は三日坊主にならないかなのですが…

子ども達や主人と一緒に考えていこうかなと思います。

反対されては元も子も無い訳だし、パンフレットやネットでの情報集めから始めたいと思います。

computer_obasan


花に興味があるなら花の資格取得を目指す

日本には国家資格、民間資格合わせるとかなりの資格が存在しています。

その中には「そんな資格あったんだ」と思えるような珍しい資格もありますので、資格を調べていくとなかなか楽しめます。国家資格は実用的な資格が多く、民間資格はどちらかと言えば自分で満足できればそれで良いというような資格が多いです。
ただ、それもバカにしたものではなく、資格を取得していると何だか誇りに思えてきますよね。

女性が取得するのに興味を向けそうな趣味系の資格として有名なのは、やはり花の資格なのかもしれませんね。
それは、フラワー装飾技能検定、フラワーデザイナー、フラワーデコレーターなどが挙げられます。

これらの資格を取得していたからといってすぐさま就職に役立つということではないのかもしれませんが、それでも花を趣味としている人ならばぜひとも視野に入れておきたい花の資格になります。

特に、フラワーアレンジ系の資格については、将来フラワースクールなどで働くときプラスになるかもしれません。
花は感覚的な部分が多いのでどうしてもそうした資格と結びつかないようなイメージが強いのかもしれませんが、それでも資格を有しているのと有していないのとでは雲泥の差がありますので、資格を有することに対して前向きになるのは決して間違いではないと思います。

また、花屋さんんでバイトをするときなどにも多少なりとも有利に働くかもしれませんし、そのメリットについてはこと花に関することならばやはりプラスでしょう。

花の資格ディプロマを取得するにはそれなりに時間が必要なのかもしれませんが、だからこそ既婚者の女性など、圧倒的に女性向けの資格であるということが言えます。

その資格を取得することによって内面的に自信がつけばそれに越したことはありませんし、そうした精神的な成長ということも含めて資格を有することのメリットはかなり大きいです。
ですので、花に興味があるならぜひとも前向きにとらえたいところです。


シェークスピアの名言を読んで

最近、著名人の名言集なる本を購入しました。
こういう、偉人たちや天才たちの名言を聞くと、とても!(^^)!励まされる気持ちになります。今日読んだ名言は、シェークスピアです。
不幸を治す薬は、ただもう希望よりほかにないという名言です。
なんか、心に引っかかりました。
不幸な環境にあったとしても、希望を忘れないことが大事だということでしょうね。

私は、結婚前の時は、(>_<)不幸な私だと思っていた時期がありました。
なんと言いますか、生きることに対して、そんなに情熱的になれない自分だったんです。
でも、このシェークスピアの言葉のように、希望を持つことを忘れないこと、これを大事にしていまして、自分の小さな変化に対して、喜びを感じたり、日々の何気ない行動に、実は意味があることを知ったり、そうやって、日々何かしらの気づきがあると、人生って、(*^_^*)楽しくなるのではないでしょうか。

今日は、シェークスピアの名言を読んだ感想でした。


天気のいい週末に

週末、天気が良かったので家族で自転車に乗って、隣駅まで遊びに行きました。

目的は、隣駅にあるという100円ショップのセリアに行くためです。

最近は100円ショップもかわいくて使えるものが増えているので、まず初めに100円ショップでものをチェックするようにしています。

お目当ては長女の筆箱です。英会話を習っている長女、幼稚園のころは鉛筆は持っていかなくてよかったのですが、小学生になった今は、鉛筆と赤鉛筆を持ってきてください、と先生に言われたのです。

セリアに行くと、私が理想としていたぴったりのものがありました

入れるのは鉛筆赤鉛筆だけですから、小さめでかわいいものが良かったのです。

ミッキーの型押しでピンク色の筆箱があり、娘も気にいってくれたので即決です。

後は、オシャレなブロガーさんがセリアで買って使っています、という品々を探していろいろチェックしました。

初めてウォールステッカーも買ってみました。

もう少し片付けが進んだら長女の部屋に飾ってみたいと思います。

後は食洗機対応のお箸や、トマトを植えるための鉢なんか、合わせて1500円くらいも買ってしまいました。

100円ショップ楽しいです!厳選して買って無駄遣いはしないように心がけているけれど、やっぱり楽しいです。

building_100en_shop


銀行の営業時間伸びないかな

金融関係全般に言えるのですが、はっきり言うと営業時間が短すぎます。

地方銀行だと14時か15時には窓口が締まりますし、郵便局も窓口は閉まる時間が早いです。

先日ATMで通帳を入れたのですが、反応がなく窓口に行ってくださいというメッセージが出たのですが、窓口のシャッター閉まってます

その時はカードを使うことで事なきを得たのですが、もう少し営業時間を伸ばしてくれないかなあ?と。

せっかく民営化したのに、ついついボヤいてしまいます。

あと、コンビニは24時間取引できると書かれていますが、手数料のことを考えると、あんまり利用したくないと思います。

塵も積もれば…といいますし。

最近ではネットバンクを主に利用しようとしています。

特にネットショッピングではすぐに支払えるという利点が大きいです。

ただ、セキュリティの面が気になるので大きな金額はゆうちょなどを利用するでしょうね。

job_ginkouin


着物のレンタルを東京でしてみようかと

少し久しぶりのブログになります。

時は春

行楽には絶好の季節です。

先日はしばらくぶりに実家の母と会うために、東京駅で待ち合わせをしました。

その後ちょうど桜の季節ということで、せっかくだからとお花見に行くことに。

どこがいいかと迷っていると、母曰く高速バスで移動の最中に通ってきた浅草近辺が綺麗だったよとのこと。そちらへ行ってみようとなりました。

この日は運の良いことにとっても良いお天気。

平日だというのにけっこうな人出です。そういえば春休みの時期ですもんね。

隅田川沿いの桜が実に美しい!

橋の上から東京スカイツリーをバックにスマホで記念撮影、パチリ。

今年は咲き始まったと思ったら暖かい日が続いているせいもあってあっという間に満開のようですネ。

あちこちで同じようにカメラやスマホを片手に桜を撮影している人の姿が目立ちました。

お茶する場所を探しつつ散策していると、母の視線が桜以外のところに。

どうやら若い女の子同士で綺麗な着物姿で歩いている子達を見かけます。

浅草のこのレトロな街並みに合って良い雰囲気♪

外国から観光に来た人には、まさにクールジャパンって感じかも。

母は着物が大好きで、わざわざ着付けの先生に習いに通ったほど。

そういえば今年の自治会の新年会にはお気に入りの着物を自分で着付けして出たのよ~、と話してましたっけ。

本当はこういう外出時に着物が着たいんだけど、バスでの長時間移動があると行きは良くても帰りが疲れるからねえと言います。

たしかに。

でも、もっと気軽に着物を楽しめたらいいですよね~。

帰ってきてから気になって調べてみると、どうやら東京では着物のレンタル屋さんがあるようなんです。

どうりで女の子達が着て歩いて、記念撮影しているわけですね。

それなら着物での電車の長時間移動で疲労することもないし、着崩れを心配する必要もなさそう。

それに浅草で着物レンタルする場合、駅や浅草寺周辺に何軒かが点在しているようで、しかも着付けサービスやヘアセットまでお願いができるみたい。

まず気になるのは3つ。

お値段と着付けにかかる時間。それと、小物などが全部借りられるか、それは別料金か。

着物のレンタル料金はお店によって違いますが、どうやら3500円~5000円前後くらい

正直なところ、思っていたよりずっと安いです。

カップルや友達同士など2人以上同時にレンタルとかだとさらにお安くなって、1人2500円になったりするところもあるようですね。

ただ、新作の着物だったり素材にこだわったりするともう少しお値段が上がるようです。

また、履物や長襦袢、小物一式はすべてレンタル店で用意してくれているとのこと。

バッグもセットで貸してくれるんですね。これは便利です。

どうしても洋服と着物とでは、バッグの相性がものすごく違いますからねえ。

ただ、肌襦袢、それと足袋!これは自前で用意する必要があるようです。(買うことは出来る)

足袋を持っている人は荷物にならないので持って行ったほうが良さそうですね。

それと、浅草はなんといっても隅田川花火大会で有名ですが、浴衣も浅草で着物レンタル屋さんでレンタル可能なんですね。

面白いなと思ったのは、飾り帯や飾り衿なども用意されていること。

こちらはオプションになり500円ほどの追加料金がかかりますが、とっても可愛いんです。

着付けにかかる時間については。

だいたい1時間強ってところみたいですね。

そもそも着物そのものを着付けている時間より、着物を選んでいる時間のほうが長かったりするみたいで。

それはわかります♪

最後にひとつふと思った疑問。

調べてみた限り、若い年代層の着物や浴衣などは素敵なのが取り揃えてあるんですが、母くらいの年代層に合うお着物って…あるのかしら

このあたりはさすがによくわかりません。

たぶん用意されてるだろうとは思うけれど、お値段の部分で高級だったりする可能性も有ります。

花火大会までに浅草でレンタルするお店を有る程度絞っておいて、事前に直接聞いてみようと思います。

楽しみだな~


大阪や兵庫で新築一戸建てを持ちたいならば、ぜひ無料相談会等を利用してください

myhome_family_kengaku

大阪や兵庫で新築一戸建ての物件を探すときには、ぜひ(*^_^*)地域密着型の不動産会社に相談することをお勧めします。

地域に根差した不動産会社であれば、大阪の地域情報をたくさん持っていますので、(*^_^*)安心できますよね。

まず、大阪という場所は住む地域によってライフスタイルがまったく(^_^;)違います。
たくさんの人がいてたくさんの街がありますが、多種多様なのです。
ですから、不動産会社が定期的に開催している無料相談会に足を運んでみてはいかがでしょうか。
新築一戸建てというのは、その方の人生の中で一番高い買い物と言っても(@_@;)過言ではありません。
また、一度きりの買い物になる可能性が高いともいえます。
ですから、不動産会社との相性はとても(>_<)大切になります。
長く付き合っていくことが出来そうかお互いが見極める場所でもあるのです。

そこで、不動産会社の無料相談会にいったときに、どのようなポイントに(ーー;)注意して参加するのがいいか考えてみたいと思います。
まず、大切なのはその会社が持っている実績ですよね。
新しくできた会社の勢いに乗るのも大切ですが、やパリ安心感を求めるのであれば豊富な実績を持っているかどうかは大切な判断基準になります。

さらには、相談に乗ってくれるスタッフさんの人柄や専門性の高さです。
相談しやすい雰囲気を持っているということはとても大切です。
しかしながら、人柄の良さだけでは信頼できませんから、たくさんの知識を持っているかどうかで頼れる存在かどうかわかりますよね。

最後に、最も大切だと思うのは、強引なセールスを行わないことです。
(>_<)何が何でも契約をしてもらいたいという気持ちが会社の方にはあると思いますが、とても大切なことですから、じっくりと時間をかけてくれる会社とお付き合いしていきたいですよね。
質問にも誠実に答えてくれる姿勢も見るべきです。
((+_+))あいまいなままに話を進めていくと、家に帰ってからもやもやとした気持ちが残ります。

大阪であなたの希望通りの素敵な新築一戸建てが建つ日が(^^♪楽しみですね。